岐阜県内における紅葉の聖地として、小坂”巌立峡”(がんですて今)をご紹介します。

巌立は、御嶽山の大噴火を通じてできた高さ約72m、高低約120mの柱状節理の大岩ウォールで、岐阜県内限度の天然記念物だ。
巌立は、今から4000時代前に、御岳火山から流出した溶岩で、時期最寄りから17Kmもくだったゾーンにあります。
溶岩が冷えて委縮する際にできた、裂けめが垂直方角にはしり、太さ総和十センチの、岩柱をならべたようにみえます。

「がんですて公園」は、巌立視野台、売店、パーキングなどが整備され広範囲風呂も混ざることができます。
公園の中にある三ッ滝までは伸展600mの滝見遊歩道が整備され、途中には円空上人ゆかりの不動明王が祀られている。
こういう滝見遊歩道が整備されてからは、みんなが三ッ滝を見極める結果訪れています。
三ッ滝は上段6m、中段11m、下段5mの上級3段の滝で、岩は石英斑岩で、それぞれに滝壷を持っていて非常に神秘的だ。
二度と林道を2kmほど裏に入るって、あかがねというよと唐谷滝、二つの滝を見ることができます。
あかがねというよは落差14mで、いつ見ても水が端麗だ。
唐谷滝は落差15mで、ノイズって飛沫と溶岩で男性的滝ですが、虹がかかると結構上級滝だ。
滝には損害イオンがたくさん発生してあり、人間の持つナチュラル復調力を引き出してくれ、ボディーを健康に維持してもらえる働きがあると言われています。

これ巌立峡では、春の新緑、秋の紅葉と両者異なる感じのあるウォーキングを楽しむことができます。ミュゼモラージュ佐賀店で両ワキ美容脱毛コースでオトクに素肌美人